ベラジョンカジノは違法でない理由

日本の法律では「賭博=禁止(公営ギャンブル除く)」なので、オンラインカジノの「ベラジョンカジノ」は違法かどうか気になる人も多いかと思います。

結論から言うと、ベラジョンカジノは違法でも合法でもありません。

・・・・

・・・・

・・・・

どういうこと?

そのように思われた人、いるかと思います。

そこで、ベラジョンカジノは「違法でもないけど合法でもない」という理由について説明します。

違法性を判断するルール(法律)がないから

賭博(ギャンブル)自体を裁く条文のこと

日本の法律で賭博(ギャンブル)について裁く法律の条文が次のものです。

(賭博)
第185条 賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

(常習賭博及び賭博場開張等図利)
第186条 常習として賭博をした者は、3年以下の懲役に処する。
2 賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処する。

「賭博場開張等図利(とばくじょうかいちょうとり)」とか「博徒(ばくと)」といった昔のヤクザ映画でしか耳にしない言葉がそのまま残った規定です。

 

そう!実はこの条文は明治時代に定められたものなんです。

その頃の賭博(ギャンブル)といえば、サイコロ賭博や花札賭博といったものでした。このようなサイコロの目や花札(もしくはトランプのカード)などを使った偶然の事情によって金銭を賭けた場合に成立するのが刑法第185条です。

一方、刑法第186条というのは「常習賭博罪」と「賭博場開張等図利罪」の2つが規定されています。「常習賭博罪」というのは、その字のごとく、賭博の習癖のある者に対して刑を加重する規定です。また、同条第2項の

  • 「賭博場開張等図利罪」というのは、自らが賭博の主催者(胴元)となって賭博の場所を開設・提供する行為のこと
  • 「博徒」というのは、常習的・職業的に賭博を行う者のこと
  • 「結合」というのは、博徒の集団を組織して賭博の便宜を図ること

をいいます。

違法でも合法でもない「グレー」という位置づけ。だけど・・・

しかし、これらの条文による規制の対象は日本国内で行っている場合に限られます。ベラジョンカジノをはじめとする大手オンラインカジノ業者は、海外に拠点があって日本国内で運営していないので、規制の対象外となります。

さらに、やや専門的になるのですが、日本では法律に規定されていることだけを取り締まります(これを「罪刑法定主義」といいます)。逆に言えば、法律に載っていないことを罪に問うことはありません。つまり、この条文がつくられた明治時代に「インターネットを利用して海外サーバーにアクセスして遊ぶ」というオンラインカジノなんて想定外であり、存在していないサービスですから法律に規定されているはずもなく、また、オンラインカジノの出現に対応して改正もされていないので法律に規定されておらず、したがって違法ではありません。

「違法でないなら、合法なの?」

いいえ、そういうわけではありません。というのも、オンラインカジノに直接関係する法律がない以上、ハッキリさせることができないので合法とも言い切ることができない「グレーゾーン」という位置づけなわけです。

ただし、グレーといっても法律をすり抜けるような悪いイメージのものでなく、実際のところは「かなり白に近いグレー」となります。

というのも、2016年3月のオンラインカジノプレイヤーの不起訴事例により日本の賭博に関する法律は基本的に運営側を裁くためであって「運営者が有罪でない=プレイヤーを罰することは出来ない」という明確な先例ができたからです。
https://ameblo.jp/gamblelaw/entry-12235518621.html

先例主義を採る日本の裁判において、この事例があることによりプレイヤー側がベラジョンカジノをはじめとする合法的なオンラインカジノで遊んだことで検挙・摘発されることは考えにくいでしょうね。

「海外で遊んでいる」という法解釈だから

ベラジョンカジノをはじめとする合法的なオンラインカジノは、インターネットを利用して海外サーバーにアクセスして遊ぶというスタイルのギャンブルです。

そして、インターネットに国境がない以上、日本国内でも遊ぶことができるオンラインカジノは「日本人プレイヤーが合法的に運営している海外のカジノで遊んでいる」という法解釈がなされています。

この法解釈の前提となるのは、オンラインカジノの運営拠点や設置しているサーバーが海外にあること。もし、運営拠点やサーバーが日本国内にあれば、刑法第186条で定めている「賭博場開張等図利罪」に該当することになります(つまり「違法行為」)。

この法解釈ならば、先ほど説明した「罪刑法定主義」にのっとり法律の規定に載っていない実際の事柄(オンラインカジノ)と、現行条文の整合性を図ることはできます。

ちなみに、日本国内で違法とされる海外無修正AVが閲覧できるのも運営側とサーバーが海外にあるからです。日本国内では違法とされても「運営拠点が海外」という条件を満たせば、海外無修正AVを閲覧しても逮捕されることはありません。オンラインカジノが「海外で遊んでいる」と法解釈されて逮捕・摘発されないのもこれと同じ解釈です。

違法としたとしても摘発は困難だから

海外で、しかも合法的に運営しているオンラインカジノ業者を捜査することは非常に難しいです。つまり、摘発する側はプレイヤー側が賭博行為を認めない限り、胴元であるカジノ運営業者に対して、

  • プレイヤーのアカウントID
  • プレイヤーの個人情報(氏名や住所etc)
  • プレイヤーが遊んだ時間を示すデータ
  • プレイヤーが入金した金額や入金経路
  • プレイヤーが賭けた金額・儲けた金額
  • プレイヤーに支払われた金額や出金経路

といった物的証拠を集める必要がありますが、海外サーバーやオンラインカジノ運営側にログファイルを開示させることは現実的に困難です。

ベラジョンカジノは合法的に運営しているから

これまでベラジョンカジノをはじめとする大手オンラインカジノが違法なものではなく、遊んでも逮捕・摘発・検挙されないと言ってきましたが、その前提として、ベラジョンカジノや大手オンラインカジノは合法的に運営しています。

「合法」的に運営しているベラジョンカジノを「違法」と位置付けるのは、ベラジョンカジノは合法と認めている国の政府機関に対して、日本の司法がケンカを売っているようなもので、下手すりゃ国際問題になるかも?です。

では、ベラジョンカジノは本当に合法的に認められているのか?合法的に運営しているのか?確認してみます。

ベラジョンカジノの運営ライセンス

ベラジョンカジノの詳細は、サイトの一番下に記載されています。

オンラインカジノを合法的に運営するためには「運営ライセンス」を取得・保有する必要があります。ベラジョンカジノを運営するBreckenridge Curacao B.V.は、ゲーミングライセンスの中でも大手カジノも取得している信頼できるライセンス「キュラソーライセンス」を取得しています。

この画像はキュラソーライセンス(CEG Curaçao Egaming)のサイトで確認したものです。
https://www.curacao-egaming.com/public-and-players/authenticity

 

このライセンス証で運営会社(Company Name)である「Breckenridge Curacao B.V.」の下記情報が確認できました。

  • Address(住所):Scharlooweg 39, Curaçao
  • Email(Eメールアドレス):complaints.jp@verajohn.com
  • Registered Website(登録ウェブサイト):verajohn.com
  • Licensed:ライセンス取得済み

ベラジョンカジノの運営拠点

ベラジョンカジノは「Breckenridge Curacao B.V.」という、オランダ領キュラソー島に本拠を置いている会社により運営されています。したがって、日本の刑法が適用されず、ベラジョンカジノの運営自体には違法性はありません。

ベラジョンカジノのサーバーの所在

ベラジョンカジノのサーバーは日本国内でなく海外にあるカジノ合法の国にあるので、賭博場開張等図利として日本国内に賭博の場所を開設・提供したことに該当しません。
(参考サイト:IPアドレス住所検索|ラッコサーバー

ベラジョンカジノを安心して遊ぶための注意点

ベラジョンカジノで遊ぶこと自体、違法なことではなく安全に利用することができます。

しかし、かなり白に近いといえ、グレーという位置づけである以上、次のことに気を付けておいた方がいいかもしれません。

SNSなどで公言しない

プレイ内容をSNSで公開したりせず、またゲームで勝った場合も嬉しくなってペラペラと公言しない方がいいかと思います。
理由は、カジノゲームにはお金がつきものですが、このお金はトラブルの原因の一つにもなりかねません。世間は善人ばかりではなく、むしろ自分さえよければ他人の迷惑なんて気にしない人間の方が多いかもしれません。変なトラブルに巻き込まれないようにするため、ベラジョンカジノで遊んでいることや大きく稼いだことは公言しない方がいいでしょう。また、警察などに目を付けられることは避けた方がいいでしょう(グレーという位置づけなので・・・)。

自分のアカウントを他人に貸したりしない

ベラジョンカジノをプレイするにあたって、自分のアカウントが必要になるわけですが、知り合いだからと言って他人に自分のアカウントを貸したりしてはいけません。
理由は、賭博(ギャンブル)できる環境を他人に提供したとして、刑法第186条第2項に規定している賭博場開張等図利罪が適用されて逮捕されるかもしれないからです。